格安スマホ、ガラケーの月額比較

「スマホ=高い」はすでに過去のもの

あなたはまだスマホの月額料金が高いと思っていませんか?それは過去の話になりつつあります。 最近になってMVNOという業者がTVや雑誌で話題になっていますよね。 簡単にいうとドコモやソフトバンク、auなどの通信網を借りて、格安で提供する企業のことです。 そのようなMVNO会社を利用することで、スマホを格安で利用できるようになります。 MVNO会社と聞くと何やら不安ですが、誰もが知っている有名企業ですので、安心して利用する事ができます。

各社の格安スマホ

提供会社月額通信量通信速度
ワイモバイル2,980円~1GBLTE
ソネット3,888円~約4.2GBLTE
ビッグローブ2,980円~3GBLTE
ニフモ(@nifty)2,437円~1.1GBLTE
DMMモバイル1,260円~1GBLTE
楽天モバイル1,600円~3.1GBLTE
*通話ができる最低価格

スペック表をみた人はこんな事を思うかと思います。 「実際にスマホを格安にできそうな感じもするし、有名な企業が参加しているのもわかった。 ・・・で、結局どれがいいの?」 確かに企業が多いですよね。さらに今後どんどん参加する企業が増えるハズです。 そこで、「間違いない」おすすめの格安スマホを紹介します。 スマホ利用が「通信メイン」か、「通話メイン」なのかで変わるので、2タイプを用意しました。 ご参考にどうぞ。

通信がメインな人

データ通信代が業界最安値です。プランも豊富で家族とのデータ量も分け合える!
データだけなら660円から、通話なら1260円からと安い! 端末セットでも月額3千円行きません。

<< DMMモバイル公式 >>

電話がメインな人

一回の通話時間が10分以内の場合は、毎月300回まで通話料が無料になります! 通話を頻繁に利用する人のファーストチョイスです。
端末セットなら「Nexus 5の新規化MNP」なら月額2千円ちょっとで使えます!

<< ワイモバイル公式 >>

楽天でんわを利用すれば通話代が半額になります。
データ通信も通話もバランス良い使い方ができるのが魅力!
端末セットなら「ZenFone 2で3.1GBプラン」がおすすめです。端末セットで月額3千円ほど、端末なしなら1250円から使えます!

<< 楽天モバイル公式 >>

ガラケーの今後

「電話とメール」という必要最低限の機能が使えて、月額料金が安い! というのがガラケーの特徴です。 一方で、スマホは(従来は)月額料金が高いけどパソコンと同じようなことができる。 ということになるかと思います。 例えば、インターネットで調べ物をする、買い物をする、チャットをするなど、 パソコンで行われていたことの多くが、今ではスマホで行われるようになりました。 しかし、格安スマホの登場によって月額料金に差がなく、ガラケーの生産も終了されることになった今、 かつてのポケットベルやPHSのように、次の世代へのバトンタッチの時期が確実に近づいています。 今後は表舞台からは姿を消していくことになるでしょう。

スマートフォンでできることはこんなにある

簡単に言うとスマホは小さなパソコンです。今では、多くのことがスマホでできます。 むしろ、パソコン利用者よりもスマホ利用者の方が多くなったこともあり、サービスを提供する企業は、「スマホ第一」にサービスが考えられるようになってきています。 このようなサービスは「アプリ」という形で、簡単にスマホにダウンロードやインストールをして利用できます。 実際に無料で遊べるゲームや、漫画、音楽、映画、SNS、ショッピング、最新情報などが24時間、いつでもどこでも簡単に楽しむことができます。 暇さえあればスマホを触ってしまう・・・とは、スマホ初心者さんによくある"ハマった"光景です。

結論

スマホに関しては、語りつくせない程に奥が深いです。 便利すぎてよくわからないと感じるかもしれませんが、「習うより慣れろ」で、なんとなくできていくものです。 スマホが携帯電話の主流になり、これからスマホデビューを考える人にとって、格安スマホはまさに「渡りに船」。 格安スマホは縛りもゆるいので、とりあえず1年をメドに契約して様子をみる!がいいでしょう。 (響きの良いプランが色々と出たりしますが、使ってみると「安かろう悪かろう」など結構あります。すぐに飛びつかずに寝かせた方がいいことも) ですがご安心を。今回おすすめした格安スマホDMMモバイルワイモバイル楽天モバイルは、すでに評判や実績も確かで間違いはないはずです。 この機会にぜひ、スマホライフをお楽しみください。